沿革

昭和41年  9月
社会福祉協議会設立
昭和45年  6月
広報紙「奥多摩 社会福祉」第1号発行
昭和46年  5月
社会福祉法人として認可取得
昭和48年  6月
第1回奥多摩町福祉大会開催
昭和51年  6月
理事定数を13名から15名に改正
昭和51年11月
創立10周年記念福祉大会開催「社会福祉10年のあゆみ」発行
昭和52年  6月
評議員定数を40名から55名に改正
昭和56年  6月
評議員定数を55名から50名に改正
昭和56年  6月
理事定数を15名から13名に改正
平成 元年  4月
給食サービス開始(65歳以上1人暮らし高齢者対象・月1回)
平成 元年  6月
評議員定数を50名から40名に改正
平成  2年10月
生活福祉資金貸付事務を東京都社会福祉協議会より受託
平成  3年10月
法人化20周年記念福祉大会開催「20年のあゆみ」発行
平成  6年  4月
ホームヘルプサービス事業開始
平成  7年  3月
奥多摩町地域福祉活動計画「やまびこ計画」策定
平成  7年  8月
「ボランティアセンターおくたま」開設
平成  8年  4月
「移送サービス」事業開始
平成10年  4月
「高齢者在宅サービスセンター」開設
平成10年  4月
第1回福祉バザー開催
平成10年11月
第1回町民チャリティーゴルフ大会開催
平成11年  4月
町内医療機関自動車運行システム(福祉バス)・移動サービス事業開始
平成11年10月
「在宅介護支援センター」開設
平成12年  4月
介護保険法に基づく「通所介護事業」(高齢者在宅サービスセンター)・「訪問介護事業」(ヘルパーステーション”おくたま”開設)・「居宅介護支援事業(在宅介護支援センター)」開始
平成13年11月
法人化30周年記念福祉大会開催「30年のあゆみ」発行
平成15年  4月
ヘルパーステーション”おくたま”身体障害者・知的障害者・児童居宅介護の指定居宅支援事業所として都から指定
平成15年  6月
評議員定数を40名から27名に改正
平成17年  3月
第2期奥多摩町地域福祉活動計画「やまびこ計画」策定
平成17年  7月
福祉会館改築完成(開館)
平成18年  4月
居宅介護支援事業所「ケアサポート奥多摩」開設
「高齢者筋力向上トレーニング事業」開始
「有償家事援助サービス事業」開始
平成20年  4月
「福祉会館」町から指定管理者の指定
平成21年10月
地域福祉権利擁護事業を東京都社会福祉協議会より受託
平成23年  4月
受験生チャレンジ支援貸付事業を町から受託
高齢者見守り相談事業を町から受託
平成23年10月
法人化40周年記念福祉大会開催「40年のあゆみ」発行
平成26年  4月
地域ささえあいボランティア事業を町から受託
平成28年  3月
第3期奥多摩町地域福祉活動計画「やまびこ計画」策定
平成29年  4月
評議員定数を27名から16名以上22名以内に改正
平成29年  6月
理事定数を13名から8名以上13名以内に改正