本文へ移動

地域福祉権利擁護事業

地域福祉権利擁護事業ってどんなこと?

金銭管理等を自分の判断で適切に行うことが困難な高齢者や障がいのある人が、住み慣れた地域で暮らし続けることができるよう、金銭管理サービスや生活支援サービス、財産保管等のお手伝いをします。

どんなサービスを行うの?

福祉サービスの利用援助
福祉サービスを安心して利用できるようにお手伝いします。
・さまざまな福祉サービスの利用に関する情報の提供、相談
・福祉サービスの利用の利用における申込み、契約手続きの代行、代理
・福祉サービスの利用料金の支払い手続き
・福祉サービスの苦情を解決するための手続き
日常的な金銭管理のサービス
毎日の暮らしに欠かせないお金の出し入れをお手伝いします。
・年金及び福祉手当の受領に必要な手続き
・病院への医療費の支払い手続き
・税金や社会保険料、電気、カス、水道等公共料金の支払い手続き
・日用品購入代金の支払い手続き
・預貯金の出し入れなどの手続き
書類等の預かりサービス
大切な印鑑や証書などを安全な場所でお預かりします。

どんな方が利用できるの?

自分の判断能力に不安がある方や、福祉サービスの利用の仕方がわからなかったり、預貯金の出し入れなどにお困りの方を対象としています。
※例えば、認知症高齢者・知的障がい者・精神障がい者など判断能力が十分でない方です。

料金表

①福祉サービスの利用援助
1回1時間まで、1,000円
(1時間を超えた場合には、30分ごとに500円を加算いたします)
②日常的金銭管理サービス
通帳をご本人が管理される場合
通帳をお預かりする場合
1回1時間まで、2,500円
(1時間を超えた場合には、30分ごとに500円を加算いたします)
③書類等の預かりサービス
1ヶ月 1,000円
TOPへ戻る